CLOSE
ホーム

プロフェッショナルの現場 羽田空港国際
旅客サービス株式会社
HANEDA AIRPORT INTERNATIONAL PASSENGER SERVICE CO,.LTD.

SPECIAL INTERVIEW

羽田空港サービスグループは、日本の空の玄関である羽田空港を拠点に、
ANAをはじめスターアライアンス系の航空会社の業務を中心に行う独立系の「航空事業総合ハンドリング企業」。
グランドハンドリングや旅客サービス、ケータリング業務など高い信頼性に裏付けられた多くの地上支援業務を行い、大空の旅を支えている。
羽田空港国際旅客サービス株式会社は、グループ内では旅客サービス部門を担当している。

[ 羽田空港国際旅客サービス株式会社 旅客部 担当部長 ]
中村 壯一郎
SOICHIRO NAKAMURA

航空業界で多くのキャリアを切り拓いてきたプロフェッショナル。現在は採用を始め責任ある仕事を担う。本校のカリキュラム構築にも携わっている。

[ 羽田空港国際旅客サービス株式会社 国際線グランドスタッフ ]
加藤 紗世子
SAYOKO KATO

入社3年目。現在は、奥が深いとされるヨーロッパ便を担当。デパーチャーコントローラーを目指し、日々スキルを磨いている。

毎日が文化祭のような、喜びと緊張の連続。
「察する力」と「判断力」が求められる責任ある仕事。

ーグランドスタッフのお仕事は、どんなスキルが必要ですか?

グランドスタッフは、チェックインから搭乗案内まで定時かつ安全に飛行機を飛ばすための幅広い業務をこなしますので様々なスキルが求められます。その中でも「察する力」は大切です。お客様にすべてをおっしゃって頂かなくても、何を望まれているのかを先にくみ取り、必要とされるお手伝いをします。それは共に働くスタッフに対しても同様です。また国際線の場合は渡航書類の確認をする大事な役割もあります。見逃してしまうとお客様は入国できませんし航空会社も罰金を課せられます。ですから、地上スタッフは各国の入国条件の知識をしっかり身につけてその場で判断しなければいけません。通常の接客もしながらシビアな判断業務も影で行う責任ある仕事です。

ーグランドスタッフのお仕事をする上で、大切なことや醍醐味は何ですか?

航空業界は安全第一ですからお客様に対しても先輩に対してもコミュニケーションを怠らない、という事をいつも胸に留めています。コミュニケーションを取らなかったことで、重大なミスにつながることも…。また、私たちはチームで仕事をしていますのでチームワークがとても大切。定刻にミスもなく便を出せた時の感覚は大袈裟な言い方をすれば毎日文化祭の出し物をみんなでやって「おお!できた!」という感じに近いかもしれません。毎便ごとに結果が出るのですごく分かりやすい仕事ですから、とてもやり甲斐がありますし、自分が関わっているという実感があります。私(中村さん)もこの業界が長いのですが、この感覚が病みつきになり業界を離れられないですね。

ー御社では、どれ程の英語力が求められますか?

弊社では、英語力が必須となりますので面接では「英語で自己紹介してください」と、予告なしで英語面接をすることも。TOEICのスコアが600点以上という目安はありますが、それ以上に英語を実際に話せるかどうかをよく見ます。安全上の確認事項もたくさんありますので、英語でお客様とコミュニケーションが十分取れる必要があります。THLのプログラムには海外留学も含まれていると伺いましたので、現地の方とコミュニケーションを取り、様々な経験をすることは、即戦力となる活きた英語を学べますからとても強みになると思います。ヨーロッパ便はフランス語やスペイン語、ポルトガル語など様々な言語を話されるお客様もいらっしゃいますので、国の言葉で一言ご挨拶を差し上げれば喜んで頂けます。

9:00

出社・始業

ブリーフィング、身だしなみチェック、業務連絡共有を行います。

9:10

カウンター準備

 

9:30

キャリア(航空会社)始業時ブリーフィング

その日に予約されている人数やお手伝いが必要なお客様、特殊手荷物等、特記事項の全体共有。

10:00

チェックイン業務

チェックイン業務は出発の1時間前まにで終わらせます。
機内清掃状況、キャプテン・CAの準備確認、お客様の搭乗確認等様々なチェックをし、
時間を逆算して実施します。

12:35

ミュンヘン便出発時刻

 

14:05

フランクフルト便出発時刻

 

14:20

ブリーフィング

 

15:00

昼食休憩

 

16:00

弊社が請負う業務

到着便のアシスタント業務、事務手伝い等。

18:00

退社

同期と一日を振り返ります。

lecture

憧れのエアーライン業界のプロから直接学ぶ授業

自分を表現して、相手に届ける。面接に向けたプレゼンテーション。

面接に向けて自分を表現するためのプレゼンテーションの講義を行いました。絵本「羽田空港で働く人たち」に描かれた職業をひとつ選び、与えられたお題を元にグループで内容を話し合い発表します。内容を簡潔にまとめ、聞く人の目を見ながら笑顔を絶やさずお話しされる先生の姿に、学生たちは感動!プロから直接プレゼンテーションについて学びました。