CLOSE
ホーム
業界コラム INDUSTRY COLUMN
INDUSTRY COLUMN
ブライダル業界
  • LINE

ブライダルプロデューサーになるには?給料や仕事内容や必要な資格を紹介

ブライダルプロデューサーは、理想の結婚式を形にして、人生の門出をプロデュースします。多くの方が喜ぶ瞬間に立ちあえる仕事です。

お客様の願いを叶えるためには、メイクや調理など、数多くの部門が連携しなければいけません。ブライダルプロデューサーは、全体の指揮を取る重要な役割を担っています。

この記事では、結婚式作りに欠かせない、ブライダルプロデューサーの仕事内容や必要な資格を詳しくご紹介します。

将来ブライダルプロデューサーを目指したい方は、ご参考にしてください。

ブライダルプロデューサーとは?

ブライダルプロデューサーとは?

ブライダルプロデューサーとは、プロの立場から、お客様の願いをヒアリングし、プランニングして、理想の結婚式を形にする仕事です。ブライダル業界の中でも、華やかな仕事と言えます。

ブライダルプロデューサーは、お客様の希望を丁寧にヒアリングする力が必要です。結婚式には、料理やテーブルクロス、お花、ドレス、引き出物など選ばなければいけないものが、数多くあります。

結婚式作りに慣れていないお客様のために、プロの立場から、思い描いている結婚式が、形になるように導いていきます。

「思い出に残る1日を作り上げるには、ブライダルプロデューサーの腕にかかっている」と言っても過言ではありません。

ブライダルプロデューサーは「ウェディングプランナー」と呼ばれることもありますが、呼び名が違うだけで、どちらも同じ仕事を指します。後ほど「ブライダルプロデューサーとウェディングプランナーの違いは?」で詳しく解説していきます。

ブライダルプロデューサーの仕事内容

ブライダルプロデューサーの仕事内容

ブライダルプロデューサーの具体的な仕事を見ていきましょう。仕事を大きく分けると、以下の3つがあります。

  • 営業活動
  • 事前準備
  • 結婚式の当日

ブライダルプロデューサーの仕事を一つずつ詳しく説明します。

①営業活動

結婚式を検討している方への営業活動も、欠かせない仕事です。結婚式は、車の購入にならび、人生の中でも大きな買い物の1つ。多くのお客様は、いくつかの式場を見学して選びます。

お客様から選ばれるためには、「この人にお願いしたい」と思ってもらえるような提案力が重要です。真摯な対応で「人生のハレの日をサポートしたい」と伝えましょう。

②結婚式の事前準備

結婚式の事前準備は、最高の1日を迎えるための重要な工程です。数カ月をかけてお客様とコミュニケーションを取りながら、結婚式を形にしていきます。

例えば、ブライダルプロデューサーは、以下の業務をこなします。

  • 要望のヒアリング
  • プランの提案
  • お客様との打ち合わせ
  • 式場の各部門との調整

他にも、予算の確認や演出の提案、ドレス選びなど、お客様とコミュニケーションを取りながら決めます。お客様のスケジュール管理もしながら、式場スタッフと連携して、動きます。

ブライダルプロデューサーは、理想の結婚式を実現するための手助けをします。

③結婚式の当日

結婚式の当日の主な仕事は、スムーズに進行できるように、全体の指揮を取ることです。

プログラムの進行状況や来賓の様子など、会場を見回して動かなければいけません。他にも、以下のような仕事もあります。

  • スタッフへの指示出し
  • 後片付け
  • お見送り

準備をともに進めてきたお客様が、最高の1日を過ごせるように送り出しましょう。

ブライダルプロデューサーとウェディングプランナーの違いは?

ブライダルプロデューサーとウェディングプランナーの違いは?

「ブライダルプロデューサー」と「ウェディングプランナー」は、呼び名が違うだけで、どちらも同じ仕事です。呼称が統一されていないため、職場によって呼び名が変わります。

他にも、ブライダルコーディネーター、ブライダルコンサルタントも同じ仕事を指します。

職場によっては、業務ごとに分けて、名称を変えているケースもあります。例えば、見学のお客様への提案や成約までの営業担当を「ブライダルコーディネーター」、成約したお客様のプランニング担当は「ブライダルプロデューサー」と呼ぶ場合もあります。

ブライダルプロデューサーになるには?

ブライダルプロデューサーになるには?

ブライダルプロデューサーになるためには、どうすればいいのでしょうか?

この章では、ブライダルプロデューサーのなり方を詳しくご紹介します。

  • ブライダルプロデューサーに求められる力
  • ブライダルプロデューサーに必要な資格
  • ブライダルプロデューサーに必要なスキルは?
  • ブライダルプロデューサーを目指せる学校は?
  • ブライダルプロデューサーの就職先や求人は?

順番に、解説していきます。

①ブライダルプロデューサーに求められる力

ブライダルプロデューサーは、結婚式の司令塔です。以下のように、さまざまな能力が求められます。

  • プロデュース力
  • プランニング力(企画・デザイン)
  • コミュニケーション能力
  • プロフェッショナルとしての知識
  • 提案力
  • オペレーション能力

全体の指揮を取るためには、ブライダルに関する幅広い知識が必要です。プロフェッショナルとして、お客様一人ひとりに合わせた提案をしなければいけません。

最高の1日を提供するためには、ブライダルプロデューサーの力が試されます。

②ブライダルプロデューサーに必要な資格

ブライダルプロデューサーとして働くために、特別な資格は、必要ありません。ただし、ブライダル関連の資格を持っていれば、自信につながり、能力を証明することも可能です。

ブライダル関連の資格を認定している協会は、以下の3つあります。

  • 一般社団法人全日本ブライダル協会
  • 一般財団法人冠婚葬祭文化振興財団
  • 公益社団法人日本ブライダル文化振興協会

協会によって、資格制度も変わります。それぞれ解説していきましょう。

①一般社団法人全日本ブライダル協会

全日本ブライダル協会が認定する制度で、以下の資格があります。

  • ウェディングプロデューサー
  • ウェディングプランナー
  • ブライダルコンサルタント

ウェディングプロデューサーの資格を取るためには、これまでプロデュースした結婚式のプランをレポートで作成したり、経歴書を提出したりする必要があります。さらに、実務経験も問われます。

②一般財団法人冠婚葬祭文化振興財団

冠婚葬祭文化振興財団が認定する制度で、以下の2つの資格があります。

  • チーフ級
  • マスター級

結婚式に関する知識や、カラーコーディネート、マーケティングなどの幅広い知識や技術が問われる資格です。

各資格の合格率は、チーフ級が95%前後、マスター級が65%前後となっています。

③公益社団法人日本ブライダル文化振興協会

日本ブライダル文化振興協会が実施する国家検定で、以下の資格があります。

・ブライダルコーディネート技能検定(1級・2級・3級)

1級、2級を受験するには、実務経験が必要です。まずは3級から受験するといいでしょう。

平成29年度までは「アシスタント・ブライダル・コーディネーター」という名称でしたが、現在は「ブライダルコーディネート技能検定」に変更されました。

③ブライダルプロデューサーに必要なスキルは?

ブライダルプロデューサーに必要なスキルはあるのでしょうか。ブライダルのプロフェッショナルとして、以下の3つのスキルが必要です。

  • ホスピタリティ
  • コミュニケーション能力
  • 英語力

1つずつ、詳しくお伝えします。

①ホスピタリティ

ブライダルプロデューサーにとって「ホスピタリティ」は欠かせません。

結婚式は、日常では味わえないおもてなしを提供する場であり、格式高い空間です。そのため、ブライダルプロデューサーは、姿勢や立ち振る舞いにも気をつけなければいけません。

ホスピタリティは、新郎・新婦と信頼関係を築く際にも役立ちます。

以前の記事でホスピタリティについて紹介しているので、こちらもご確認ください。

ホスピタリティの仕事とは?就職するために必要な資格や道筋を紹介

②コミュニケーション能力

ブライダルプロデューサーは、理想の結婚式を作るために、お客様と各部門との橋渡し役となります。各部門と細かい調整をするためには、高いコミュニケーション能力が必要です。

③英語力

結婚式の多様化にともない、ニーズが高まっているのが「英語力」です。英語力があれば、他のブライダルプロデューサーとの差別化にもつながります。国際結婚のカップルや、日本在住の外国人の方への対応も問題なくできるので、大きな強みになります。

リゾートウェディングの担当として、現地のスタッフとコミュニケーションも取ることもできます。リゾートウェディングのプロデューサーを目指したい方は、英語力は必須と言えます。

④ブライダルプロデューサーを目指せる学校は?

ブライダルプロデューサーは、どのような学校に通えば、目指せるのでしょうか。

ブライダルに必要な知識や技術は、以下の学校で学べます。

  • 専門学校
  • 短大
  • 大学

ブライダル業界は即戦力となる人材が重宝されるため、現場に活かせる技術を早くから学んでいると就職が有利になることもあります。

バンケットなど配膳の仕事は、専門的な知識がいらず高卒でアルバイトとして働くことも可能ですが、ブライダルプロデューサーの仕事は、専門的な知識を持っていないと務まりません。そのため、ブライダルプロデューサーを目指したい方は、専門的に学べる学校を選ぶといいでしょう。

①専門学校

厚生労働省職業情報提供サイト(日本版O-NET)によると、ブライダルプロデューサーの学歴は、専門学校を卒業して働く方が約60%を占めており、専門学校を卒業してから、ブライダルプロデューサーになる方が多いことがわかります。

さらに、ブライダル専門の学校を選べば、卒業とともに、即戦力として働ける実力も身につきます。

数ある専門学校の中でも、東京ホテル・ウェディング&IR専門学校がおすすめです。

ブライダル総合プランナーコースでは、「CAMPUS婚」という制度があり、在学時から本物の結婚式をプロデュースできます。

さらに、結婚式場やブライダル企業との産学連携教育カリキュラムにより、実践力を身につけることが可能です。

今なら体験入学や個別相談会を利用できます。

体験入学・個別相談会の詳細はこちら

東京ホテル・ウェディング&IR専門学校では、ネット出願も24時間受け付けています。

ネット出願の詳細はこちら

②短大

短大を卒業すれば、ブライダルプロデューサーを目指せます。

ウェディング・ブライダル関連の学科を選べば、ブライダルプロデューサーに必要な知識を学べます。

③大学

大学を卒業して、ブライダルプロデューサーを目指すこともできます。観光・サービス関連の学科に通えば、ブライダルの知識を学ぶことも可能です。

ただし、大学は基本的に4年制のため、短大や専門学校に比べると、ブライダルプロデューサーになるまでに時間がかかります。

⑤ブライダルプロデューサーの就職先や求人は?

ブライダルプロデューサーの就職先や求人としては、次のものがあります。

  • ハウスウェディング
  • 専門結婚式場
  • ラグジュアリーホテル
  • シティホテル
  • 海外リゾート

基本的に、式場の専門ブライダルプロデューサーとして勤務します。

他にも、実力をつけて指名されて依頼が来るようになれば、独立して働くことも可能です。

ブライダルプロデューサーの給料は?年収は?

ブライダルプロデューサーの給料は?年収は?

ブライダルプロデューサーの平均年収は、約335万円です。月収にすると、未経験者は約20万円、経験者は約35万円となっています。

厚生労働省の令和2年賃金構造基本統計調査によると、ブライダルプロデューサーも含まれる営業・販売事務員の給与は、約452万円。

大手ブライダル企業の求人を確認すると、平均年収は約420~450万円となっており、営業・販売事務員の平均と、大きく差がありません。

大卒、短大・専門学校卒などで、給料が大きく変わることはありませんが、給料を上げるためには、契約数などインセンティブが重要です。ブライダルプロデューサーとしての実力が、給料に影響します。

ブライダルプロデューサーに向いている人の特徴

ブライダルプロデューサーに向いている人の特徴

ブライダルプロデューサーに向いているのは、以下に当てはまるような人です。

  • 全体の指揮を取れる人
  • コミュニケーション能力が高い人
  • 企画力・提案力がある人
  • 人のために頑張れる・お世話が好き人
  • 柔軟に対応できる人

お客様の要望をヒアリングして、1つずつ形にしていくためには、全体の指揮を取る力が必要です。

数か月かけて、お客様と結婚式を作っていくので、こまめにコミュニケーションを取るスキルや、信頼関係を作る力も求められます。

普段から「人を喜ばせたい」と企画を立てたり、お世話が好きだったりする方に向いている仕事と言えるでしょう。

ブライダルプロデューサーは、状況に合わせて指示を出さなければいけないため、柔軟な対応ができる人も向いています。

ブライダルプロデューサーのやりがいと魅力

ブライダルプロデューサーのやりがいと魅力

ブライダルプロデューサーにとって、お客様から感謝され、喜びを分かち合えたときに、やりがいを感じられます。

特別な日である結婚式を、何度も体験できることも大きな魅力です。数カ月かけて、ともに結婚式を作ってきたお客様の喜びの顔をみられることは、ブライダルプロデューサーにとって嬉しい瞬間と言えます。

お客様の大切な結婚式を一緒に作っていけるのは、ブライダルプロデューサーの大きな魅力です。

ブライダルプロデューサーへの道を歩みはじめましょう

ブライダルプロデューサーへの道を歩みはじめましょう

ブライダルプロデューサーは、お客様の理想の結婚式を形にする仕事です。ブライダル関連の中でも、花形で人気の高い仕事と言えます。

お客様の希望をヒアリングし、プランニングや各部門との調整役を担うため、幅広い知識が求められます。お客様と信頼関係を築くためには、ホスピタリティも必要です。

ブライダルプロデューサーは、即戦力となる知識と技術があれば、大きな強みとなります。ブライダルプロデューサーを目指す方は、実践で役立つ専門知識を早くから学ぶことが重要です。

東京ホテル・ウェディング&IR専門学校では、本物の結婚式を在学中にプロデュースできます。また、ブライダルプロデューサーに必要なホスピタリティや英語力、専門知識を学ぶ環境が整っています。

ブライダルプロデューサーを本気で目指したい方は、一度体験入学や個別相談会を活用してください。

体験入学・個別相談会の詳細はこちら

東京ホテル・ウェディング&IR専門学校では、ネット出願も24時間受け付けています。

ネット出願の詳細はこちら

即戦力になるブライダルプロデューサーを目指したい方から、選ばれています。

ぜひ、はじめの一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。

この記事を見た人におすすめのコラム

  • HOME
  • 業界コラム
  • ブライダルプロデューサーになるには?給料や仕事内容や必要な資格を紹介