CLOSE
ホーム
業界コラム INDUSTRY COLUMN
INDUSTRY COLUMN
エアーライン業界
  • LINE

グランドスタッフになるためには?仕事内容や給料、やりがいを紹介!

「空港の顔」とも言えるグランドスタッフ。

空港で優雅に振る舞う姿を見て、「私もああなりたい」と憧れを抱く方は多いでしょう。

しかし、「グランドスタッフになるためにはどうしたらいいのか分かっていない」という方もいらっしゃるでしょう。

そこでこの記事では、グランドスタッフのなり方や仕事内容、やりがいなどを紹介していきます。

将来、グランドスタッフになりたい方は、ぜひ参考にしてください。

グランドスタッフとは?

グランドスタッフとは?

グランドスタッフとは、空港での接客業務を担当するスタッフのことを指します。かつては、航空整備士など空港で働く人のことも「グランドスタッフ」と呼んでいました。

グランドスタッフは、お客様が空港で快適に過ごすためのお手伝いはもちろん、飛行機を定刻通りに飛ばす役割も担っています。

飛行機が遅れた場合は他のスタッフと連携し、遅れを取り戻すための対応をすることもあります。グランドスタッフは、まさに「空港のマルチワーカー」と言えます。

なお、キャビンアテンダントを「CA」と呼ぶように、グランドスタッフは「GS」と呼ぶことがあります。他にもグランドスタッフは「地上職」と呼ばれることもあります。

グランドスタッフの仕事内容

グランドスタッフの仕事内容

グランドスタッフの仕事内容は、主に2つの業務に分けられます。

  • 出発便業務
  • 到着便業務

それぞれ詳しく見ていきましょう。

出発便業務

出発便業務は、お客様が無事に出発できるようにするためのお手伝いを行います。具体的には、チェックインカウンターでの搭乗手続きや預け入れ手荷物の確認、出発ロビーや搭乗ゲートでの案内業務があります。

順調に進めば問題ありませんが、時にはカウンターでトラブルが発生したり、搭乗時刻になっても来られないお客様を探し回ったりすることもあります。

何が起こるか分からないだけに、臨機応変に対応できるスキルが求められると言えます。

到着便業務

到着便業務では、空港に着いたお客様のサポートを行います。

具体的には、到着した旅客への乗り継ぎ便案内、車いすが必要な方への手配やサポート、手荷物受け取りエリアでの対応などがあります。

いずれの業務も、お客様が無事に空港を出られるようにするための重要な役割を担っています。

グランドスタッフとキャビンアテンダントの違い

グランドスタッフとキャビンアテンダントの違い

グランドスタッフとキャビンアテンダントは、同じ航空業界の職業ですが大きな違いがあります。

  • 業務内容の違い
  • 働く場所の違い

ここでは、それぞれの違いについてご紹介します。

業務内容の違い

キャビンアテンダントは飛行機に搭乗しお客様の接客を行います。それに対して、グランドスタッフは飛行機に搭乗せず空港内での接客をメインに行います。

働く場所の違い

キャビンアテンダントの働く場所は主に航空機内ですが、グランドスタッフは主に空港内になります。

別の場所でそれぞれの業務を担うわけですが、どちらもお客様に快適な空の旅を楽しんでいただくという目的は変わりません。

グランドスタッフになるには?

グランドスタッフになるには?

ここでは、グランドスタッフになるための必要な資格やスキルについて、詳しく紹介していきます。

  • ①グランドスタッフに必要な資格
  • ②グランドスタッフに必要なスキル
  • ③グランドスタッフを目指せる学校
  • ④グランドスタッフの主な就職先や求人

これからグランドスタッフを本格的に目指したい方は必見です。

①グランドスタッフに必要な資格

グランドスタッフになるために必要な資格は、特にありません。

専門学校、短期大学、大学のいずれかの学歴があれば、学科や学部を問わず誰でも応募ができます。ただし、業務を遂行するためには、スキルが必要です。

②グランドスタッフに必要なスキル

グランドスタッフに必要なスキルは、以下の二つです。

  • ①英語力
  • ②ホスピタリティ

それぞれ解説していきます。

①英語力

「空の玄関」と呼ばれる空港で働くグランドスタッフには、相応の語学力が求められます。

日系のグランドスタッフでは、英検2級もしくはTOEIC550点以上の英語力が求人の条件になっていることが多いです。

定型的な文章を話せるだけでなく、予想しない質問やトラブルにも対応できるだけの英語力も必要になってきます。

②ホスピタリティ

空港にはたくさんのお客様がいらっしゃいます。

そんな時、いかに柔軟に対応できるか、お客様の目線で物事を考え行動できるかが大切になってきます。

トラブルが発生した時でも柔軟に対応ができ、常に献身的な姿勢を忘れずにいられるホスピタリティが求められます。

グランドスタッフを目指せる学校

グランドスタッフを目指せる学校を紹介します。

  • ①専門学校
  • ②大学
  • ③短大

それぞれの違いを覚えておきましょう。

①専門学校

グランドスタッフに特化した専門学校なら、一早くスキルと経験を身につけることができます。

大卒にこだわる理由がないのであれば、学費を抑えられ効率よく学べる専門学校がおすすめです。

中でも、東京ホテル・ウェディング&IR専門学校なら、エアライン専門学校初の4年制カリキュラムでじっくりと学べる環境が備わっています。

特に、大学卒業で得られる「学士」と同等の「高度専門士」の称号が授与されることは、大きなメリットと言えるでしょう。

他にも、半年間の留学制度や仕事で使える英語力にこだわったカリキュラム、接客スキルに直結するホスピタリティの習得など、卒業後即戦力として活躍できる授業が充実しています。

体験入学や個別相談会を利用すれば、自分に合った学校かどうかが分かります。

体験入学・個別相談会の詳細はこちら

また、24時間申し込みが可能なネット出願も受付中です。

ネット出願の詳細はこちら

②大学

大学に進学しても、グランドスタッフを目指せます。

しかし、大学は受ける講義の範囲が幅広く、就職に必要ではない講義でも単位取得のために時間を費やさなければいけません。

また、航空業界を目指すために、大学とは別でエアライン系の学校に通う人もいるので学費が高額になることもあります。

③短大

短大は2年で卒業なので大卒よりも早く就職ができ、コストを抑えて実務経験を積めるのがメリットです。

しかし、実際は、2年だけで必要な知識を学びきれない場合が多く、就職後に英語力やスキル面で苦労することもあるようです。

グランドスタッフの主な就職先や求人

グランドスタッフになるためには、旅客ハンドリングをする地上職専門の会社に就職するか、航空会社の総合職として就職することになります。

また、地方の空港では交通系の会社が空港業務を行っている場合もあり、勤務を希望するエリアによっても就職先は異なると言えます。

グランドスタッフの求人は毎年航空会社が募集をかけており、エントリー後に書類選考、筆記試験、面接を受けて通過すれば無事に採用となります。

グランドスタッフの気になる給料・年収はいくら?

グランドスタッフの気になる給料・年収はいくら?

令和2年賃金構造基本統計調査によると、グランドスタッフの平均給料は月収18万円、年収467万円程度とされています。

正社員なら基本給以外にも、ボーナスやシフト勤務手当、年末年始手当、早朝深夜出勤手当、休日勤務手当などが別に支給されます。

給料は雇用形態の違いや、大手航空会社かLCC(格安航空会社)かによっても変わります。

グランドスタッフに向いている人

グランドスタッフに向いている人

ここでは、グランドスタッフに向いている人の特徴を5つご紹介します。

  • ①人と話すことが好き
  • ②普段から時間をしっかり守れる
  • ③体力に自信がある
  • ④判断力がある
  • ⑤チームワークを大切にできる

「自分に向いているのかな?」と悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてください。

①人と話すことが好き

グランドスタッフのお仕事は接客業です。1日に何十人、何百人のお客様と接することもあり、会話やコミュニケーションを取るのが好きな人の方が向いています。

また、空港には子供から高齢者まで、国籍を問わずさまざまな人が訪れるので、どんなお客様にも笑顔で真摯に対応することが求められます。

②普段から時間をしっかり守れる

飛行機が遅延せず予定通り発着できるようにするためには、グランドスタッフの業務が欠かせません。

そのため普段から時間をしっかり守れて、自己管理ができる人が向いていると言えます。

「少しくらいいいか」と時間にルーズな人は、仕事でも同じように対応しかねません。普段から時間には気をつける癖をつけておきましょう。

③体力がある

グランドスタッフの仕事は、お客様をご案内したり、他の部署と協力したり、業務で空港内を駆け回ることも多いです。

また不規則なシフトに柔軟に対応する必要もあるため、体力がある人が向いているでしょう。「体力に自信がない」と感じていても大丈夫です。日々の業務をする上で体力は向上していきます。

④判断力がある

多くのお客様が滞在する空港では、予期せぬ出来事やトラブルが発生することも多々あります。

そんな時、落ち着いて冷静に行動できる人はグランドスタッフに向いています。逆にスタッフ側が慌ててパニックになってしまうと、お客様を不安な気持ちにさせてしまいます。

困った時、辛い時ほど、その場の状況に適した行動ができる判断力が求められます。

⑤チームワークを大切にできる

トラブルが発生した際、自分ひとりで判断しなければならない時もあれば、他のスタッフとの連携が求められる時もあります。

だからこそ自分勝手に行動するのではなく、チームワークを意識することが大切になってきます。周囲の状況をよく観察しチームワークを大切にできる人は、グランドスタッフになっても活躍しやすいです。

グランドスタッフのやりがいや魅力とは?

グランドスタッフのやりがいや魅力とは?

憧れの仕事として人気のあるグランドスタッフは、やりがいや魅力がたくさんあります。

  • ①世界各国の人々と出会える
  • ②「空港の顔」としての責任
  • ③キャリアの幅が広がる

グランドスタッフのやりがいや魅力を紹介していきましょう。

①世界各国の人々と出会える

国内だけでなく海外からも多くのお客様が訪れる空港は、まさに出会いの宝庫です。カウンター業務の際はもちろん、空港内を歩いているだけで世界各国の人々とコミュニケーションを取る機会があるでしょう。

「語学力を活かしたい」「得意のコミュニケーションスキルを発揮したい」そんな人は、グランドスタッフの仕事を通じて多くの学びや経験を得られます。

②「空港の顔」としての責任

グランドスタッフは言うならば「空港の顔」であり、旅の第一印象を決める重要なポジションです。

旅客が初めて顔を合わせるのはグランドスタッフなので、空港のイメージそのものになります。

「空港の顔」として責任を持ちながら業務ができるのは、大きなやりがいを感じます。

③キャリアの幅が広がる

キャリアの幅が広がるのも魅力の一つです。グランドスタッフは若いうちだけというイメージが強いですが、実は長く働き続けることができるお仕事です。

結婚や出産といったライフイベントを経験した後でも、勤務時間を調整したり雇用形態を変えたりして働く人は多いです。

またグランドスタッフで得た接客スキルを活かして、マナー研修の講師業やスキルアップ全般に関するコンサルティングに携わることもできます。

まとめ:グランドスタッフは誰もが憧れる仕事

まとめ:グランドスタッフは誰もが憧れる仕事

グランドスタッフは、誰もが憧れる華やかなお仕事です。

就職するためには英語力やホスピタリティが必要ですが、一度学んでおけば今後の人生に活かせることもたくさんあります。

とはいえ、グランドスタッフに求められるレベルの英語力やホスピタリティは一朝一夕では身につけられない上、独学での習得が難しい分野です。

これから本格的にグランドスタッフを目指したい方は、効率よく学べて実績も豊富な専門学校を選ぶことをおすすめします。

東京ホテル・ウェディング&IR専門学校のエアーラインコースなら、即戦力として活躍できるだけの知識を4年間じっくりと身につけることができます。産学連携をしているので、有名航空会社から直接指導を受けられます。

英語力やホスピタリティといった一生もののスキルも学べるので、キャリアアップを目指したい方にもぴったりです。

今なら体験入学や個別相談会も行っています。

体験入学・個別相談会の詳細はこちら

ご興味を持たれた方は、ネット出願もご活用ください。24時間申し込みが可能です。

ネット出願の詳細はこちら

ぜひ、グランドスタッフになる夢を叶えてください。

この記事を見た人におすすめのコラム

  • HOME
  • 業界コラム
  • グランドスタッフになるためには?仕事内容や給料、やりがいを紹介!