CLOSE
ホーム
業界コラム INDUSTRY COLUMN
INDUSTRY COLUMN
ホテル業界
  • LINE

ホテルスタッフになるには?資格やスキルや仕事内容をプロが紹介!

ホテルスタッフは、高い接客力とホスピタリティが身に付く仕事です。

ホテルスタッフには、どんな資格やスキルが必要なのでしょうか?

この記事では、ホテルスタッフの仕事内容、給料や年収、やりがいや魅力を解説します。就職が有利になる学校や、向いている性格なども分析しています。

一緒にホテルスタッフの仕事について学んでみましょう。

ホテルスタッフとは?

ホテルスタッフとは?

ホテルスタッフとは、ホテルを利用するお客様に対し快適に過ごして頂けるようサービスとホスピタリティを提供するのが仕事です。

宿泊や食事、ホテルで行われる結婚式や宴会など仕事の種類は多岐に渡ります。

ベッドメイキングや経理、人事など裏方としてホテルを支えているスタッフもいます。

また経営やマネジメントを担当する仕事もあります。

ホテルスタッフの仕事内容は部門によって異なる

ホテルスタッフの仕事内容は部門によって異なる

ホテルスタッフの仕事内容は、大きく分けると以下の5つです。

  • 宿泊部門
  • 料食部門
  • 宴会・結婚式部門
  • 営業部門
  • 管理部門

部門によって異なるのでそれぞれ説明します。

①宿泊部門

①宿泊部門

宿泊部門は、宿泊に関する仕事を行います。

様々な業務がありますがホテル内でも1番数多くのお客様と接する機会が多い部門です。

ホテルに関する知識はもちろんコミュニケーション力や語学力など様々なスキルが求められます。

主な仕事は、受付で接客をする「フロント」、ドアマンやベルスタッフなどの「サービス」、客室を清掃する「ハウスキーピング」の3つです。

「フロント」は宿泊の予約やキャンセル等のお部屋の利用状況の管理、ホテル内のサービスの案内、チェックイン・チェックアウト、宿泊料金の精算などが主な業務です。

「サービス」は、ホテルのエントランスでお客様をお迎えし、車の誘導を行うドアマン、宿泊者の荷物を運ぶベルボーイ、客室からの問い合わせに対応するオペレーターが所属しています。

「ハウスキーピング」は、客室の清掃、設備の点検、備品の補充が仕事です。

②料飲部門

②料飲部門

料飲部門は、レストランやバー、ルームサービスなどお客様の食事を担当します。

各ホテルには「顔」となる看板メニューや季節を取り入れたシーズンメニューが存在します。お客様は味はもちろんのことレストランという洗練された空間で快適なサービスを期待されます。

「ルームサービス」は、客室内で料理が楽しめるよう料理やドリンクを運ぶ仕事です。

「レセプショニスト」は、レストランの入り口で受付、会計を行うスタッフです。座席のコントロールを行う重要な業務です。

「ウェイター・ウェイトレス」は、オーダーや食事の提供を行います。料理について質問される場合があるので、料理の知識も必要です。

③宴会・結婚式部門

③宴会・結婚式部門

宴会・結婚式部門は、サービスの予約や手配また当日の進行業務などが主な仕事です。

ホテルには会議やイベント、コンサート、パーティー、結婚式などを行うための設備があります。

企画の趣旨や参加規模等、お客様の希望をお伺いし、お客様のご要望に応じて様々なサービスを提供します。

「宴会予約」は、お客様と相談をしながらレイアウト、料理、進行を決めます。優れたコミュニケーション能力が必要とされ、事務能力などのスキルも必要です。

「宴会サービス」は、宴会のオペレーションを行いスタッフをまとめる仕事です。会場が大きい場合スタッフの数も多くリーダーシップが重視されます。

④営業管理部門

④営業管理部門

営業部門は広報や宴会、宿泊サービスの販売をする仕事です。

ホテルの良さをお客様に知っていただき、集客をするために活動を行います。いずれもホテルの売上を左右する重要な部門です。

「広報」は、インターネット、テレビなどのメディアを使って宣伝を行います。ホテルのサービスを幅広く知ってもらうのが仕事です。

「セールス」の仕事は、新規顧客開拓、クライアント対応が主な業務です。法人や個人にホテルの商品を販売します。

「企画」は季節ごとのイベント企画や挙式のご予定があるお客様を対象としたブライダルフェアなどのプラン作りが仕事です。市場調査などのリサーチを元に企画を立てるので、世の流れを読む能力が必要になります。

ホテルの管理部門は人事や総務、経理が仕事です。

「人事」は、スタッフの採用や教育、研修を行います。福利厚生や労働時間、有給休暇の管理なども担当している部署です。

「総務」は、庶務や予算、帳簿などを管理します。ホテルに関する重要書類を取り扱い、警察や消防や保健所とつながり連絡窓口として機能しています。

「経理」は、ホテルすべての売上、入出金を管理する部門です。ホテルが発行しているクーポンやクレジットカードの管理も担当します。

ホテルスタッフに必要な「スキル」「資格」は

ホテルスタッフに必要な「スキル」「資格」は

ホテルスタッフになるには「スキル」「資格」が必要です。それぞれ詳しく説明していきます。

①ホテルスタッフに「資格」は?

ホテルスタッフになるために必要な資格は明確には存在しません。しかし。資格を持っている知識を持つ証として履歴書に記載することができ、評価の対象となります。特に外資系ホテルでは英語が問われるためTOEICやTOEFL、IELIS等の英語力を示す検定が大切にされます。

その他、ホテル実務に関連する資格はなどの英語力を示す検定が大切にされますその他、ホテル実務に関連する資格は「ホテルビジネス実務検定」です。

スタッフ研修で実際に利用されている資格で、ホテルの業務に関する基本的な知識が身に付きます。

専門的な知識が必要な「ホテル実務技能認定検定」や、「レストランサービス技能検定」などの国家資格もあります。

②ホテルスタッフに必要なスキルは?

②ホテルスタッフに必要なスキルは?

ホテルスタッフに必要なスキルは、以下の3つです。

  • 語学力
  • ホスピタリティ
  • 体力

アメリカ、中国、ヨーロッパなどから訪れる観光客をもてなすために、各国の言葉を話せる語学力が必要です。

近年訪日外国人の増加から特に「英語力」を必須とするホテルが増えています。また外資系ホテルなどでは、上司や同僚が外国人であることも多いです。

華やかな業界に見えますが、体力は必須です。夜勤や立ち仕事など体力勝負となるケースもあります。

健康的に過ごし、体調管理をすることも大切です。

また、常に高い接客力とホスピタリティが求められます。お客様を観察して、潜在的なニーズを汲み取り接客できるようになる必要があります。

海外ではホスピタリティをとても重要としており、専門的に学ぶ大学も存在します。また、日本古来の「おもてなし」に関わる知識も日本で働く上では大切です。

③ホテルスタッフを目指せる学校は?

③ホテルスタッフを目指せる学校は?

ホテルスタッフを目指せる学校は以下の3つです。

  • ①短大
  • ②大学
  • ③専門学校

特徴を解説していくので、比較をしてみましょう。

①短大

①短大

ホテルスタッフを目指せる短大を探すなら、「観光学部」「観光学科」のある学校を探しましょう。

観光学部はマーケティング論から起業論まで観光にまつわるさまざまなことを幅広く学べます。

万が一進路変更をしたくなった時のために、短大を出て卒業資格を取っておく人も多いです。

②大学

②大学

大学に進学するのも良いでしょう。

ホテルの専門知識を学ぶのではなく「経済学部」「文学部」など一般的な学科で学ぶ方もいます。

大学卒業後にホテルへ就職した場合は営業や広報、企画に就く人も多いです。

③専門学校

③専門学校

専門学校は、実践的な授業を行っているので、卒業と同時に即戦力として接客をしたい人にとっては良い方法です。

東京ホテル&ウェディング・IR専門学校は、ホテル業界で活躍するための英語力やホスピタリティを効率よく学べます。有名ホテルとも提携しているので、ホテル業界への就職を考えている人には大きな力となります。

今なら体験入学・個別相談会も行っています。

体験入学・個別相談会の詳細はこちら

④ホテルスタッフの就職先や求人は?

ホテルスタッフは、さまざまな業態の求人から選べます。

高級ホテル、シティホテルのほか、リゾートホテル、旅館などへの就職も人気です。

ホテルに特化した専門学校や短大には、全国各地から求人が来ます。

ホテルスタッフの給料は?年収は?

ホテルスタッフの給料は?年収は?

ホテルスタッフの平均年収は「約300万」が一般的です。

ハローワークの求人データ(厚生労働省)によると、求人賃金は1ヶ月20万円が相場という結果が出ています。

しかし、高級ホテルやビジネスホテルなど業態や部門により給料は大きく変わります。

特に外資系ホテルでは個人のスキルや技術が評価されるため、個人で年収は大きく変わります。また働きやすさにつながる福利厚生が充実しており、就職後のキャリアアップをサポートする様々な制度があります。

ホテルスタッフの休日は?

ホテルスタッフの休日は?

365日24時間体制のホテルには夜勤があり、土日の決まった休日を取る形式ではなくなります。

さらに年末年始、ゴールデンウィークに繁忙期を迎えるので、世間が休みの期間にお休みが取りづらい反面、平日等の閑散期にゆっくりお休みを取ることができるとも言えます。

しかし、働き方改革により特別休暇や有給の申請ができるホテルが増加しています。

ホテルスタッフに向いている人の特徴

ホテルスタッフに向いている人の特徴

ホテルスタッフに向いている人には、3つの特徴があります。

  • 人の喜ぶ顔を見るのが好き
  • 体力がある
  • 忍耐力がある

それぞれ詳しく解説します。

①人の喜ぶ顔を見るのが好き

①人の喜ぶ顔を見るのが好き

世話好きは、ホテルスタッフに向いています。

面倒見がいい性格だと、周囲に気配りができ、他者とのコミュニケーションを楽しく取ることができます。

人と関わることに楽しさを感じることができる人は人と接する仕事がベースであるホテル業務に適しています。

視野が広いので、ホテルに関するさまざまなトラブルを柔軟に解決できる素質があります。

②体力がある

②体力がある

ホテルスタッフは華やかに見える仕事ですが、強靭な体力が必要です。

特に24時間体制のホテルに勤務した場合、日勤と夜勤があるので生活が不規則になりがちです。

疲れていても、笑顔でサービスを提供できる体力が求められます。

このほかにも、日々健康的に過ごし、体調管理をすることが大切です。

③忍耐力がある

③忍耐力がある

ホテルで働いていると、時にはお客様からのご意見やクレームをいただくこともあります。このため、問題解決能力やストレス耐性があり、切り替えが得意な人が向いています。

どの業界でもこのようなトラブルは必ず発生しますが、お客様にサービスを提供するホテルという側面から様々な処理方法を学んでいく必要があります。

ストレスに耐性があり、息抜きが得意な人が向いています。

ホテルの業務はスピード感も求められるので、知らず知らずのうちにストレスが蓄積してしまいます。

何を言われても、仕事だと割り切って対応できる能力が必要です。

④喜ぶ顔を見るのが好き

④喜ぶ顔を見るのが好き

また人が喜ぶ顔を見るのが好きという事も大切な要素です。

喜ぶ顔が好きだと「これをしたらお客様がもっと喜んでくれる」と自分で考え行動ができます。

「ホスピタリティ」を発揮するためにも相手を思いやり行動することが必要ですので、接客業をするにあたり、とても重要な素質です。

ホテルスタッフのやりがいと魅力

ホテルスタッフのやりがいと魅力

ホテルスタッフのやりがいと魅力を紹介します。

  • ①お客様から感謝される
  • ②試行錯誤ができる
  • ③語学のスキルを活かせる
  • ④臨機応変に行動できる楽しさ

ホテルスタッフの最大やりがいは、お客様に「ありがとう」と感謝されることでしょう。

また、正解がない業界なので、基本的なサービスに加え、「どう行動すれば喜んでくれるか」を試行錯誤できるのも大きな魅力です。

この思いやる行動がホスピタリティに繋がります。お客様が笑顔になってくれると、働き手も嬉しいものです。

また、語学のスキルを活かせるのも魅力です。

世界各国、老若男女様々なお客様と関わることができるのもこの仕事の楽しさです。時には有名人や国の要人等のお客様を接客することもあります。

また、状況に応じて臨機応変に行動できる楽しさがあります。

語学のスキルを活かせるのも魅力です。

一流ホテルで学んだホスピタリティは、さまざまな仕事で活用できます。

外国からの観光客を相手に語学力を磨けば、全く違う業界でも通用する人材になれるでしょう。

新型コロナウイルスの影響がありますが、問題が解決すれば海外からのお客様は戻ってくるでしょう。

今のうちにスキルや資格を取得し、コロナ後に必要とされる人材になりましょう。

まとめ:ホテルスタッフへの一歩を踏み出しましょう

ホテルスタッフへの一歩を踏み出しましょう

ホテルスタッフは、常に人手不足の状態が続いています。新しい人材が求められており、就職しやすい業界だと言えるでしょう。

就職する前に専門的なスキルを学んでいれば、一流ホテルへの就職も夢ではありません。

東京ホテル&ウェディング・IR専門学校は、体験入学・個別相談会を開催しています。

5つ星ホテルへの体験入学からオンライン相談会まで、幅広いプランから選べます。

体験入学・個別相談会の詳細はこちら

ぜひ、人々に笑顔を届けるホテルスタッフになるための一歩を踏み出してみてください。

この記事を見た人におすすめのコラム

ホテル業界
ホテル業界
ホテル業界
ホテル業界
ホテル業界
ホテル業界
エアーライン業界
ブライダル業界
ホテル業界
観光業界
ホテル業界
エアーライン業界
ブライダル業界
ホテル業界
観光業界
ホテル業界
  • HOME
  • 業界コラム
  • ホテルスタッフになるには?資格やスキルや仕事内容をプロが紹介!