CLOSE
ホーム
業界コラム INDUSTRY COLUMN
INDUSTRY COLUMN
ホテル業界
  • LINE

ホテル経営に必要な資格は?許可や必要資金もあわせて解説

ホテルの仕事は、非日常の空間で働ける・お客様からの感謝や喜ぶ顔を見られるなど、魅力が多い仕事です。

将来ホテルの経営を考えている人も、多いのではないでしょうか?

しかし一方で、

「ホテルの経営はどうやってやるの?」

「必要な資格や許可には、どんなものがあるの?」

といった疑問をお持ちの方もいらっしゃると思います。

そこでこの記事では「ホテルを経営するために必要なもの」について解説します。

とても難しい内容にはなりますが、あわせて、ホテルの仕事を学べる専門学校についてもお伝えしますので、どうぞご一読ください。

目次

  1. ホテルの経営形態
    1. 1.所有直営(単独型経営)
    2. 2.フランチャイズ(チェーン型経営)
    3. 3.運営委託(マネジメント・コントラクト方式(MC))
    4. 4.リース
  2. ホテル経営に重要な資格
    1. 防火管理者
    2. 危険物取扱者(乙種4類)
    3. ボイラー技士(二級)
    4. 消防設備士
    5. 食品衛生責任者
    6. 語学系
    7. サービス・マナー系
    8. ホテル経営者に必要な資格
  3. 資格だけでは不十分!ホテルの経営に必要な許可
    1. 旅館・ホテル営業の許可
      1. ①ホテル営業許可
      2. ②旅館営業許可
      3. ③下宿営業許可
      4. ④簡易宿泊営業許可
    2. 飲食店業の許可
    3. 公衆浴場営業の許可
  4. ホテルを開業するために必要な資金と調達方法
    1. ホテルを開業するために必要な資金
    2. ホテルの開業資金の調達方法
  5. ホテルを開業するための手順
  6. ホテル経営者の仕事内容や年収は?
    1. ホテル経営者の仕事内容は利益の追求
    2. ホテル経営者の年収は600~800万円ほど
  7. ホテルを経営するメリットは収益安定と土地活用
  8. ホテルを経営する上でのリスクを考えることが重要
    1. 数千万円単位の先行投資が必要
    2. 景気や時勢に影響されやすい
  9. ホテル経営を成功させるポイント
    1. ターゲットやコンセプトを明確にする
    2. 集客施策を徹底的に行う
    3. リスクを踏まえ、入念な計画と準備をしてホテル経営をスタート
  10. ホテル経営にはホテルマンの経験があると有利
  11. ホテル経営は専門学校でホテルについて学ぶのがおすすめ!
  12. ホテル経営者になるには、資格と経験が重要

ホテルの経営形態

ホテルの経営形態

ホテルの経営形態は、大きく分けて以下の4つがあります。

  1. 所有直営(単独型経営)
  2. フランチャイズ(チェーン型経営)
  3. 運営委託(マネジメント・コントラクト方式(MC))
  4. リース

順番に説明していきます。

1.所有直営(単独型経営)

ホテルには「ホテルの所有者」「経営者」「実際にホテルを動かしていく運営者」と3つの役割があり、そのすべてを兼任するのが所有直営です。

最も基本的な運営形態とされており、主に「帝国ホテル」「リーガロイヤルホテル」「ホテルニューオータニ」などが所有直営です。

この他にも、ペンションや民宿なども個人所有で運営しているケースもあり、国内のシティホテルの多くは、単独型経営を行っています。

不動産の所有者なので融資のサイン、金融機関の評価や社会的信用が高いというメリットがあります。

2.フランチャイズ(チェーン型経営)

加盟店側が、本部に加盟料や経営指導料(ロイヤリティ)を支払い、経営ノウハウとブランド使用権を得る形態がフランチャイズです。

この経営形態は主に、「スーパーホテル」や「アパホテル」などホテル業界で知名度のある企業が該当します。

加盟店側は、本部のブランド名やノウハウを使ってホテル経営ができるため、0からホテルを経営するより、スムーズに集客や収益化を進められます。

そのため、初めてのホテル経営や十分な経営ノウハウを持っていない時は、おすすめの形態です。

3.運営委託(マネジメント・コントラクト方式(MC))

建物と土地を保有するオーナーが、ホテル運営を別会社に委託する形態が、運営委託です。

たとえば「星野リゾート」「ザ・リッツ・カールトン大阪」などが、運営委託です。

委託された会社は支配人などの幹部社員を派遣し、ホテルのマネジメントを行います。

専門家に運営を委託できるため、オーナーは経営の負担を軽減できるのがメリットです。

4.リース

オーナーが土地とホテルを貸し出し、運営会社がホテルを経営する形態がリースです。主に「ルートイン」や「東横イン」など大手ビジネスホテルチェーンが、リース形態に当たります。

運営側は、ホテル経営の収益の一部をリース料としてオーナー側に渡します。運営会社側のメリットは、運営委託と同様にホテルの経営にのみ特化できることです。

そしてオーナー側は、短期間で複数のチェーン店化ができ、収益の獲得に特化できるメリットがあります。

ホテル経営に重要な資格

ホテル経営に重要な資格

ホテルの開業に、必要となる資格はありません。ただし、経営に有利となる資格はあります。

その中でも代表的な資格として、以下の7つを紹介します。

  1. 防火管理者
  2. 危険物取扱者(乙種4類)
  3. ボイラー技士(二級)
  4. 消防設備士
  5. 食品衛生責任者
  6. 語学系
  7. サービス・マナー系

順番に説明していきます。

防火管理者

防火管理者とは、火事を未然に防ぐための管理をする人のことです。不特定多数の人が集まる各種施設などで、選任が義務付けられています。

危険物取扱者(乙種4類)

ホテル・旅館などの宿泊施設では、ボイラーの燃料として重油などを大量に保管する場合があります。

重油などの石油類は、消防法で「危険物」として定められています。そのため、重油を取り扱ったり貯蔵タンクの定期点検をするためには必ず「危険物取扱者」の有資格者を置かなければなりません。

ボイラー技士(二級)

浴場やサウナのためにボイラーを保有する建物では、ボイラー技士の免許が必要になります。

労働安全衛生法の関係上、高温を発するボイラーのメンテナンスは、ボイラー技士の免許がないとできません。

消防設備士

一定規模以上のホテルを経営する場合、消火器・火災警報機・避難はしごなどの消防設備も用意しなければなりません。

これらを取り扱うことができるのが、消防設備の有資格者です

食品衛生責任者

ルームサービス、レストランなど食品を扱う営業を行う場合には、食品衛生責任者の配置が必須です。

語学系

英語はもちろん中国語や韓国語などに対応できれば、多くの外国人観光客の来館を見込めます。

TOEIC・TOEFL・中国語検定試験など、必要に応じて資格を持っておくのがおすすめです。外資系ホテルの場合には、TOEIC600点以上が求められる場合が多いです。

サービス・マナー系

良質なサービスを提供する上ではサービス・マナー系の資格も重要になってきます。

サービス・マナー系の資格は数多く、代表的なものだけでも以下のようなものがあります。

  1. サービス接遇検定
  2. ユニバーサルマナー検定
  3. 接客サービスマナー検定
  4. ホテルビジネス実務検定
  5. ホテル実務技能認定検定
  6. レストランサービス技能検定(HRS検定)

このように多岐に渡るため、複数の資格を取得すれば有利になります。

資格は3級からスタートするものが多く、一般的には2級、準1級に合格していると業界の就職、転職に活かせるようになります。

ホテル経営者に必要な資格

これまで紹介した資格は、必ずしもホテル経営者本人が必要な資格ではありません。資格が必要な場合は、有資格者を雇用していれば問題ないためです。

ホテル経営者に必要な資格には、どのようなものがあるのでしょうか。経営系として有名な資格を下記にまとめました。

■経営系

資格名 内容
MBA(経営学修士) 経営に必要な知識・技術を学んだという学位
中小企業診断士 経営コンサルタントの国家資格
社会保険労務士(社労士) 人事労務管理・社会保険に関する国家資格
経営士 経営者に対し経営のアドバイスを行える民間資格、実務経験必要

■税務系

資格名 内容
日商簿記検定 決算書・お金の動きから見る経営状況の把握に役立つ資格
IFRS検定(国際会計基準検定) 世界共通の会計知識に関する資格
税理士 経営にかかる税務処理に関する国家資格
公認会計士 企業の財務書類の監査・証明業務に関する国家資格

上記はどれも合格率が低く、簡単には取得しづらいです。

しかし、資格勉強をするだけでも経営判断に良い影響がありますので、ホテルの経営者になりたい場合、経営・税務に関する知識を増やしてみてください。

資格だけでは不十分!ホテルの経営に必要な許可

資格だけでは不十分!ホテルの経営に必要な許可

日本のホテルや旅館などの宿泊施設を取りまとめる法律は、「旅館業法」と言います。

宿泊を目的とした施設は、すべて旅館業法の下で経営しなければいけません。

旅館業(宿泊施設)の経営には、申請書類を自治体に提出し、都道府県知事もしくは市区町村長に許認可を受ける必要があります。

ホテルの経営に必要な許可の中で、主な3つは以下の通りです。

  1. 旅館・ホテル営業の許可
  2. 飲食店業の許可
  3. 公衆浴場営業の許可

順番に説明していきます。

旅館・ホテル営業の許可

ホテルや旅館を営業するには、必ず旅館業法に基づく営業許可を受けなければなりません。

無許可で営業すると、6ヵ月以下の懲役もしくは100万円以下の罰金となりますので、必ず許可を得ておきましょう。

参考:旅館業法 第十条

許可が下りるまでの日数は、ホテルや旅館の規模によりますが、およそ10営業日前後とされています。

旅館業の許可、必要とされる許可は以下の4つがあります。

①ホテル営業許可

ビジネスホテルや観光ホテル等の事業を行いたい場合に、必要となる許可です。条件は、客室が洋式中心で10室以上、1室の床面積が9平方メートル以上ということです。

②旅館営業許可

観光旅館や温泉旅館等が必要となる許可です。条件は、客室が和式中心で5室以上、1室の床面積が7平方メートル以上です。

③下宿営業許可

1ヶ月以上の連続した滞在を目的に営業をする形態する際に、必要となる許可です。条件は、生活に必要な設備や採光などの要件を満たしているなどがあります。

④簡易宿泊営業許可

民宿やペンション、そしてゲストハウス等の許可が該当します。条件に客室数の制限はなく、客室全体の床面積が33平方メートル以上(宿泊者数が10人未満の場合は、宿泊者人数×3.3平方メートル以上)となっています。

飲食店業の許可

レストラン、ルームサービスなどで料理を提供するときは、「飲食店業営業許可」が必要になります。

飲食店営業許可は、飲食物を提供する際に必要な許可で、管轄は保健所になります。

飲食店営業許可を取得する手順は、大きく分けて以下の5通りです。

  1. 保健所へ相談する
  2. 営業許可の申請を行う
  3. 施設検査日程などの調整
  4. 保健所の施設検査
  5. 営業許可書が交付される

飲食店の営業許可を取得するには、申請料金が発生します。

金額は飲食店の営業形態や、地域、保健所によって異なりますが、大体16,000円~19,000円ほどです。

参考:営業許可取得にかかる費用

手続きがスムーズに進めば、申請から2〜3週間で営業を開始できます。

検査基準は保健所ごとに若干異なりますので、あらかじめ確認しておくのがおすすめです。

公衆浴場営業の許可

宿泊客以外も利用できる浴場やサウナなど、大衆浴場を設置するには公衆浴場営業の許可が必要になります。

管轄は保健所です。許可を取得する手順は、大きく分けて以下の通りです。

  1. 保健所へ事前相談
  2. 営業許可の申請
  3. 保健所の施設検査
  4. 営業許可書の交付

審査期間は都道府県ごとに異なるため、申請時期は余裕をもって、ホテルオープンの2ヶ月ほど前に行いましょう。

保健所に事前相談するときは、施設の平面図などを持参すると話がスムーズに進みます。必要書類については、各保健所や市区町村のHPに記載されています。

ホテルを開業するために必要な資金と調達方法

ホテルを開業するために必要な資金と調達方法

ホテルの開業に不可欠なのは、なんといっても資金調達。

ホテルを開業するために必要な資金と調達方法は、以下の2つです。

  1. ホテルを開業するために必要な資金
  2. ホテルの開業資金の調達方法

それぞれ解説していきます。

ホテルを開業するために必要な資金

ホテル開業に必要な資金は、ホテルの規模によって異なります。

たとえば地方で客室が15~20部屋程度、駅から少し遠い、などの条件で開業するケースでは、必要資金は安くても1,500万円~3,000万円ほど必要になります。

参考:資金調達ノート

内装やコンセプトなどにこだわる場合は、3,000万円以上の資金が必要になります。

ブランドホテルとなると、開業費用は最低でも数十億円はかかります。それだけの資金を集めるには、調達方法が重要になります。

ホテルの開業資金の調達方法

すべての開業資金を自己資金だけで賄うのは、難しいです。そのため、資金は外部から借りるのが一般的な方法になります。

資金調達方法ごとのメリットデメリットについて、以下にまとめました。

資金調達方法 メリット デメリット
出資を受ける 借入(融資)ではないので、返済の必要なし。

出資家自身が事業のノウハウを持っているケースが多く、経営のアドバイスを受けられるときがある。

出資家を探さなければいけない。

出資家にも経営権があるため、思い通りのホテル経営ができない可能性がある。

金融機関から融資を受ける 経営権は自分にあるため、自由に経営できる。 借入になるため返済義務がある。

信用が必要なため、経営実績や希望融資額の半分程度の自己資金が必要になる。

出資を受けたい場合は、投資してくれる人を探しましょう。

金融機関の中でも、融資を受けるのにおすすめなのは日本政策金融公庫です。

日本政策金融公庫は、制度上は希望額に対して10分の1の自己資金が用意できれば、融資が受けられます。経営者としての実績は求められないため、初めてのホテル開業には有利です。

ホテルを開業するための手順

ホテルを開業するための手順

ホテルを開業し、営業をはじめるまでの手順は、以下の6通りです。

  1. 各自治体の旅館業法窓口に事前相談
  2. 営業許可申請書の提出
  3. 建物工事
  4. 保健所による施設調査
  5. 営業許可証の交付
  6. 営業開始

都道府県ごとに異なりますが、許可が下りるまでの期間は平均で10日程度と言われています。

ホテル経営者の仕事内容や年収は?

ホテル経営者の仕事内容や年収は?

ホテル経営をするにあたって、実際はどんな仕事をするのか、年収はいくらくらいになるのかは、知っておきたいところです。

そこで、上記の内容を次の2つに分けて紹介していきます。

  • ホテル経営者の仕事内容
  • ホテル経営者の年収

それぞれ説明していきます。

ホテル経営者の仕事内容は利益の追求

経営者の主な仕事は、利益を追及すること。

内容はホテルの規模によって異なりますが、小規模であれば実務・経営を含めて、全てを経営者が管理する必要があります。

一方、大規模のホテルであれば実務を総支配人に任せ、宿泊部門・レストラン部門・宴会部門など、部門ごとの売り上げから、利益率の高い経営をすることが求められます。

ホテル経営者の年収は600~800万円ほど

ホテル経営者の年収は、小規模なホテルで年収600~800万円ほど、大規模であれば年収1,000万円を超える場合もあります。

参考:インディード

上記は売上・利益を確保できていることが前提です。

経営者の給与は、役員報酬として月額固定で経営者本人が決められるため、売上や利益次第ではもっと大きな年収も狙えます。

ホテルを経営するメリットは収益安定と土地活用

ホテルを経営するメリットは収益安定と土地活用

ホテルを経営するメリットは、以下の4つになります。

  1. 立地の良さや周辺に観光施設などがある場合、安定した収益の確保ができる
  2. 固定資産税の軽減措置として、税金対策にもなる
  3. マンションより規制が緩いため、比較的容易に土地活用できる
  4. 利用者ニーズに合わせたホテルを建設できる

土地活用でホテルを経営した場合、うまくいけば長期的な安定収入を見込めるため、生活安定につながります。

ホテルを経営する上でのリスクを考えることが重要

ホテルを経営する上でのリスクを考えることが重要

ホテルを経営する上での代表的なリスクは、以下の2つです。

  • 数千万円単位の先行投資が必要
  • 景気や時勢に影響されやすい

それぞれ解説していきます。

数千万円単位の先行投資が必要

ホテル経営の初期費用は、一般的に数千万円~数億円と言われています。ホテルの規模や形態によって必要な金額は変わってきますが、初期費用だけでも多額の資金が必要です。

集客が計画通り行かないときは、赤字経営のリスクもあるため、事前に十分な集客対策を行う必要があります。

景気や時勢に影響されやすい

ホテル業界は、観光業やサービス業と同じくインバウンド需要の影響を受けやすい業種です。

代表的な例としては、新型コロナウイルスの影響が挙げられます。コロナ禍では、緊急事態宣言の影響もありホテル業界全体が、一時は休業や大幅な収益低下を余儀なくされました。

このように、景気や時勢に影響されやすいため、安定して集客できる施策やサービスの工夫が必要となります。

ホテル経営を成功させるポイント

ホテル経営を成功させるポイント

ホテルの経営を成功させるポイントは、大きく分けて以下の3つです。

  1. ターゲットやコンセプトを明確にする
  2. 集客施策を徹底的に行う
  3. リスクを踏まえ、入念な計画と準備をしてホテル経営をスタート

順番に解説していきます。

ターゲットやコンセプトを明確にする

お客様に選ばれるホテルは、明確なコンセプトを持っています。

たとえば、

「非日常を味わえる」

「子連れ旅行でも快適に過ごせる」

「長期滞在できて格安」

など、コンセプトが明確だと利用者も選びやすくなります。

経営するホテルが「どんな人がターゲットか」「立地場所はマッチしているか」「価格は適切か」などを明確にすることで、ターゲットとなるお客様が宿泊してくれます。「ホテル側がお客様を選べば、お客様から選ばれる」というわけです。

集客施策を徹底的に行う

多くのホテルの中から経営するホテルを見つけてもらうには、インターネットを利用した集客施策が有効です。

代表的なのは、SNSを利用した集客。特にInstagramはホテルの雰囲気が写真でわかることから、集客に効果的です。

利用者からの口コミや良い評判の多いホテルは、人気があるという印象を与えます。また口コミへの丁寧な返信が好感を持たれ、リピートにつながるケースも多いです。

このように、インターネットを効果的に利用することで、安定した集客につながります。

リスクを踏まえ、入念な計画と準備をしてホテル経営をスタート

ホテル事業に限らず、経営を始めるときに重要なのは、リスクを踏まえた入念な計画と準備。

感覚や直感で判断せず、しっかりとデータを分析し、根拠のある価格設定や人員の配置をするのが重要です。

経営では、事業の終わりを最初の時期から考えることが必要です。もし経営が上手くいかなくなった場合、赤字のまま経営を続けないよう撤退する基準を決めておきましょう。

事実や数字に基づいて、入念に計画を立てておくのがポイントです。

ホテル経営にはホテルマンの経験があると有利

ホテル経営にはホテルマンの経験があると有利

ホテルの経営者にとって、ホテルマンとして現場で働いた経験は、非常に役に立ちます。

現場を知らなければ、経営者として現場のスタッフに指示を出していくのは困難です。スタッフ同士の連携に必要なスキルや、適材適所に人材を配置するための知識など、ホテル経営に求められる経験の多くは、ホテルマン時代に得るものが多いです。

将来ホテル経営を目指すなら、ぜひホテルマンの経験を積んでおきましょう。

ホテル経営は専門学校でホテルについて学ぶのがおすすめ!

ホテル経営は専門学校でホテルについて学ぶのがおすすめ!

適切に許認可を受け、必要な人員を配置し、資金を調達すること。ホテル経営者には、こうした総合力が求められます。

総合力を学ぶのにおすすめなのが、経営者の知識も身に付く、東京ホテル・ウェディング&IR専門学校。

ホテルマンはもちろんのこと、ホテルビジネスのプロフェッショナルとしても活躍できる
ホテルマネジメント・グローバルコース」や「ホテルマネジメントコース」を設置しています。

各業界で活躍するプロから、直接トレンドや秘訣を学べるため、ホテル経営に役立ちます。

体験入学や個別の相談も行っております。

体験入学・個別相談会の詳細はこちら

また、24時間受付可能なネット出願も受付中です。

ネット出願はこちら

ホテル経営者になるには、資格と経験が重要

ホテル経営者になるには、資格と経験が重要

この記事では、ホテルの経営についてご紹介しました。最後に記事の内容をまとめます。

  • ホテルには経営形態がある
  • ホテル経営には複数の資格・許可が必要になる
  • ホテル経営には、ホテルマンの経験が役に立つ

ホテルの経営者になるために、必要な資格はありません。

しかし、経営に有利となる資格・経験はいくつかあるので、必要と感じたものを取得できるよう準備を整えておくのがいいですね。

「ホテルに必要な資格を取りたい」

「将来ホテルを経営するためにも、ホテルマンの仕事を学びたい」

東京ホテル・ウェディング&IR専門学校は、ホテルの経営について学べます。さらに、産学連携をしているので、現場で活躍するプロから一流の「英語力」や「ホスピタリティ」を学べます。

体験入学や個別の相談も行っております。

体験入学・個別相談会の詳細はこちら

また、24時間受付可能なネット出願も受付中です。

ネット出願はこちら

ぜひ、ホテル経営の夢を叶えてください。

banner

この記事を見た人におすすめのコラム

ホテル業界
ホテル業界
ホテル業界
ホテル業界
ホテル業界
ホテル業界
エアーライン業界
ブライダル業界
ホテル業界
観光業界
ホテル業界
エアーライン業界
ブライダル業界
ホテル業界
観光業界
ホテル業界
ホテル業界
  • HOME
  • 業界コラム
  • ホテル経営に必要な資格は?許可や必要資金もあわせて解説